最新情報

このコーナーは、輸入、輸出、

個人様向けDoor To Doorなどの

 

情報を配信いたしております。

 

タブの下にある、コーナーをご覧くださいませ。

コメントが寄せられています。

AMANO CARGO アマノカーゴ
       AMANO CARGO

 

 

個人様の、お荷物の輸送手段に最適。

   玄関先から玄関先まで!

 

  AMANO CARGO

  安全・確実・低価格!

 

保障内容・お届け日数等同じでも、貴方は高い料金を払いますか?

国内料金が高いだけです。

何が得で、何が損か、AMANO CARGOのシステムを、よくご覧下さい。

集荷80kgは、AMANO CARGOだけ。(重たい荷物は手伝い必要)

AMANO CARGOは、料金が安く、大切なお荷物の管理も万全です。
 
(ご利用するお客様に、ご満足頂けるシステム・料金です。)
 当社は、BOX別にネット管理し、

日本側・フィリピン側でもお荷物の状況を把握致しております。

日本からフィリピンまで18日~25日でフィリピン全域に届け致します。

       (一部離島は、30日前後)


 

 

              海上輸送
              海上輸送

海上コンテーナー輸送

 

海上輸送は古来から低コスト大量輸送の手段として活躍してきましたが、 第二次大戦後の世界的な経済の発展と共に、 海上貨物取扱量も増え続け、積み下ろしに伴う タイムロスやコストが課題となっていました。

1950年代に米国の陸運業者マルコム・マクリーン(Sealand・創業者)は トラックを直接船倉へ積込むタイプの輸送船を考案します。 さらに船倉にたくさんの貨物を積込めるよう、 トラックから荷台を切り離せるよう改良し、 荷台の容器構造を規格化した「コンテナ」を発明し、 クレーンを搭載したコンテナ専用船を就航させる事で それまでの海上輸送システムを根底からくつがえしました。

海上コンテナ輸送はそれまで鉄道輸送、陸上トラック輸送、 海上輸送に大きなウエイトを占めていた、 積み替えコストやリードタイムを大幅に削減する事を可能にした為、 世界中で急速に普及し、輸送船の大型化による輸送コストのさらなる削減で 現在では世界の海上輸送の大半を海上コンテナ輸送が占めるようになりました。

 

 

      航空貨物輸送
      航空貨物輸送

航空輸送の最大のメリット「スピード」を活かし、

 

ライフサイクルの短いIT商品・生鮮貨物にはじまり、

 

あらゆるタイプの貨物に対応した輸送サービスをラインアップし、

 

お客様の細かいニーズにお応えしております。

 

 

 

第二次世界大戦前は日本航空輸送や後身の大日本航空満州航空などの国策航空会社や小規模な航空会社が多数存在したが、ほとんど報道取材や軍隊関係のみで、交通機関としての航空路はほとんど無かったと言われている。

第二次世界大戦後、GHQにより飛行機の生産や運航が禁止され、航空に関する産業はほぼ全滅した。その後講和条約締結前に国内航空運航権を支配しようと連合国の航空会社7社(ノースウエスト航空パンアメリカン航空英国海外航空カナダ太平洋航空フィリピン航空民航空運公司)がJDAC(Japan Domestic Airline Company)を設立する動きがあったため、日本政府(航空庁)はカボタージュ(国内運送の自国運送権)を盾に拒否。この主張はGHQに認められ、1951年に旧大日本航空の関係者によって特殊会社としての日本航空が設立されたが、この時点ではまだ日本による運航はできずノースウエスト航空に運航を委託していた。

1952年講和条約を締結して独立を回復すると、日本での飛行機の生産や運航が可能になり、産業としての航空事業が興り始める。

1972年に国(旧運輸省、現国土交通省)の方針によって大手3社(日本航空(現日本航空インターナショナル)、全日本空輸、東亜国内航空(現日本航空インターナショナル))の体制(45/47体制)が確立し、日本航空が国際線と国内の幹線、全日空が国内全般、東亜国内航空が国内のローカル路線という枠組み分担が定められた。 しかし1986年に方針の変更で枠組みが廃止され、日本航空以外の社も国際線に参入した。